法体の滝

所在地秋田県由利本荘市 落差:58m 幅:30m
初訪問日2009/8/29 掲載写真撮影日2009/8/29
難易度◆◇◇◇◇ 評価★★★

秋田県南部、旧鳥海町にある大瀑布で、日本の滝100選にも選ばれている。 アプローチは旧鳥海町を南北に走る県道70号線を走行していれば、 必ず標識に出会えるので迷うことはない。県道70号より県道を外れて8km程度、 くねくねと田舎道を走れば、法体の滝の駐車場。またここは、キャンプ場としても観光客の多い場所。 広い駐車場から、広大な広場を進めばすぐに、吉川本流の対岸に流れ落ちる40mほどの瀑布を見ることができる。 これは三段からなる「法体の滝」の下段「三の滝」である。 吉川の岸からは「三の滝」しか観ることができない。すぐ側にある赤い橋を渡ると、登りの遊歩道が続いていて、 5分ほど登ると「一の滝」「二の滝」「三の滝」のすべてを遠望で見下ろすことが可能。 「一の滝」は落差13mで狭まりながら流れ、落差3mの「ニの滝」につながる。 落差は小さいながらも「ニの滝」は大きな渕を持ち、この渕の先が最下段である「三の滝」の落ち口となる。 「三の滝」は末広がりに落ち、その幅は30mにもなる。 また上から見下ろすことで、岸からは分らなかった「三の滝」の作る 巨大でかつ色鮮やかな滝壷を眺めることもできる。

inserted by FC2 system